じゃがいもはうまい

ジャニオタの独り言・戯言シリーズ

アイドル依存(2)

(1)でも書いたように、私は二宮くんの一件から、以前と同じように、二宮くんを、嵐を手放しで応援することができなくなりました。そんなことだけで?と言われることもあります。というかその方が多いくらい。でも、そんなことなのです。それでも、そんなことでも、私のような、生きていく上で必要なことはアイドルから全て与えてもらっているような人間にとっては、死ぬまで応援し続けると信じて疑わなかった私のような人間にとっては、多分、この瞬間だけで言えば、自分の将来がどうとかよりも、もっともっと重大で、辛くて、悲しいことなのだと思います。

 

8月24日。実家に、あの日が来るまで心から楽しみにしていた受験で応募さえできなかったJaponismのブルーレイディスクが届きました。多分、以前までの私であれば再試がなんだろうと、届いた日に、夜中まで時間がかかろうが、みたはずです。でも結局その日は当分来ませんでした。

 

ここで、嵐さんから関ジャニ∞へ移りそうな自分の気持ちを考えてみたいと思います。

 

多分私は、やる気とか感動とか、生きていく上で活力になるようなこと、感動すること、そういったものを充足する上で、アイドルが必要不可欠になっているのだと思います。きっと嵐から気持ちが離れそうになった時に、他に打ち込めるようなものがアイドル以外であれば、そちらに気持ちも、時間も、お金もかけられるようになっていたのだと思います。でも私は怖かった。ジャニーズが大好きな私自身を否定するのも、私が二宮くんを大好きだと信じて疑わない人たちに愛想笑いするのも、ジャニーズが好きで繋がった友達を失うのもアイドル以外の新しい、いわゆる代わりを見つけて楽しくなるのも。「今まで」を否定するのが嫌でした。本当はこういう風には考えたくはないんだけど、ある意味私は逃げたんだと思います。ジャニーズが好きな自分を否定することから逃げました。関ジャニ∞は知れば知るほど好きになります。彼らへの愛も、私の中では嵐と同じように注いでいます。でも、多分、その時に興味のある何かであれば誰でもよかったのかもしれません。アイドルなんて虚像だってことは、きっとファンはみんなわかっているつもりなのです。それでもみんな、信じたくなるのです。かっこよくて、個性的で、何でもこなせる彼らに、夢も希望も期待も、背負わせたくなるのです。

 

つづく