読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃがいもはうまい

ジャニオタの独り言・戯言シリーズ

その後のわたし (3)

小学生の頃、Hey! Say! JUMPがデビューして、バレーの試合前に歌って踊ってるのをぼーっと見てたなあ。友達に「涼介がすき」「有岡くんがすき」っていう人が出てきて、もしかして私も嵐すきなのかな?ってふと思った。その辺りではファン同士で繋がるとかそういうこともなく、今でいう『菅田将暉かっこいいよね』みたいなノリで櫻井翔くんかっこいいよね、みたいなのをみんなで話してた気がする。

 

中学生になって、同じクラスで嵐が好きな子がいて貸してもらって初めてみたのは2010年ツアーの『僕と君の見ている風景』でした。もう圧巻で、こんなに素敵な空間がこの世界には広がっているんだ、、、っていう気持ちでいっぱいだった。それから2009年の10周年のライブをみて、そこからは2012年のライブからは発売して貸してもらって、順々に追いかけいったなあ。徐々に二宮くんの考え方とか、歌声とか、すごく面倒くさくてすごく素敵だなと思って二宮くんが大好きになった。

 

うちの家は自分でお金稼げないとファンクラブに入るのがダメって言われてたから、ずっとコンサートには行けなくて、お小遣いもすごい少なかったからDVDとかCDも全然買えなかったの。それが悔しくて悔しくて、お母さんにもコンサートの映像とか見せて、お母さんをファンにして、お母さんの名義でコンサート応募するっていうね。今思ったらすごい健気だな。行きたくて行きたくて応募して外れて応募して外れて、やっと行けたのが2013年ツアーの『LOVE』でした。天井席だったし気球飛ばなかったけど、あの空間に居られたことが本当に幸せだった。ドームほぼ1周するくらいの列に早朝から並んで、雪と雨の降る中ふるえながらグッズをゲットしたのはすごく覚えています。

 

ジャニオタはわかるかもしれないけど、私、ジャニーズ追いかける前何してたのかほとんど記憶が無いの。本当に。

 

私の人生から嵐を引いたら、なにが残るんだろう。

 

おこがましいかもしれないけど、そう言い切れるくらい、私は嵐と一緒に生きてきたと思う。

 

成功した時も、失敗した時も、嬉しかった時も、悲しかった時も、恋をした時も、大きな決断をした時も。私はいつも嵐を聴いてた。嵐を見てた。嵐を応援してるつもりで、いつも応援されてた。

 

何の保証もないのに、ただ漠然と彼らのことは死ぬまで大好きでいるんだと思っていたし、それが本望だった。いつもありがとう、って感謝して、毎日更新されていく彼らの活動に一喜一憂して、彼らの作品に感動して、彼らの幸せを祈って、同じ気持ちの友達と気持ちを共有して、今後について語り合って。それが本当に楽しくて、幸せでした。

 

 

 

涙が止まらない